人の尊厳とは

生と死…Living Will を考える


加 藤 良 一

L-1 日本尊厳死協会 公益法人不認定は違法!
 一般財団法人日本尊厳死協会の公益認定申請の不認定処分に対し、東京地裁は不認定処分を「違法」として取り消し
 (2019210日)

E-101 人は何のために死ぬべきか
 「人は何のために死ぬべきか」と問うのは、京大工学部と東大経済学部を出たのち、キリスト教の本質を突きとめたいと、還暦
 (2015711日)

E-100

患者に寄り添う2.5人称の視点
 一般社団法人から一般財団法人に変わり、装いも新たになった日本尊厳死協会の会報 『Living Will』(リビング・ウィル)…
 (201552日)

E-97

ブリタニーさんの予告自殺の波紋━安楽死と尊厳死、そして生命保険は…
 米国の29歳の女性、ブリタニー・メイナードさんが、2014111日、ソーシャルメディアに自殺を予告する動画メッセージを
 (201513日)

E-96

日本人と墓〜葬送に関する法規制
 墓という伝統的な習俗は葬式の次にくるたいへん重要なものです。しかし、都市への人口集中や核家族化が進むなか、いま…
 (2014811日)

E-95 0葬の時代─葬送の自由
 これまでたくさんの葬式を経験してきました。その都度、何か割り切れないものを感じながらもしきたりに従ってこなしてきました…
 (201486日)

E-63

尊厳死の論点
 最近、《尊厳死》について一段と議論が活発になってきた。つい先日もテレビで賛否両派のやりとりが放送されていたが、議…
 (200718日)

E-24

尊厳死と安楽死
 尊厳死とは、現在の医学では不治であると判断されたときに、無意味な延命措置はせず、苦痛を和らげる鎮痛治療は最…
 (2002818日)

E-9 死後の準備はお早めに
 わたしが死んだら、どうなるか。そんな縁起でもないと避けていては、死後の準備などできない。もしわたしが死んだとしたら、…
 (20024月)